スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


やっほうステージ2014

今年のステージは、木造校舎の音楽室で、出演者とほっこり一体感を感じながら楽しめるステージをお届けします。
出演9組と、最後にみんなで踊るやさと音頭を入れて、全10ステージ!
木造校舎の音楽室で、出演者とほっこり一体感を感じながら楽しめるステージをお届けします!
 
最初から最後までステージを見続けても間違いなく十分楽しめるものをお届けできると思っていますので、ステージ目当てでも遊びに来てくださいね。
======================================
●un-jami(うんじゃみ)
八豊祭初登場!PAあさこちゃんの大推薦「やっほー祭にめっちゃ合うと思います!」という事でトップバッターを引き受けてくれる、ノリノリ間違いなしのG, Vo&woodB, Perの3人組。日常生活の一コマをお洒落なポップスに乗せて。

●アルベキヨウ
昨年の八豊祭で「深く感動しまして」と感想をくれたのがアルベキヨウのmamiさん(Vo)。普段はつくば市で鍼cafeを営み、一方で音楽活動も行う。抜群の歌唱力、表現力に実行委員も太鼓判で出演いただくことになりました!

●ドンガバス
やさと在住の農民(Vo&G)と家具作家(woodB)によるフォーク&ジャグデュオ。子どもたちも夢中になるほど、ごきげんノリノリなサウンドに思わずスウィングしかかっちゃうぜ!

●高田梢枝
アニメ「エウレカセブン」や「大きく振りかぶって」の楽曲で注目を集めた高田梢枝はなんとやさと出身。八豊祭1年目から、どうにか繋がりが持てないか模索していましたが、今回、劇的な形で出演して頂く事になりました!

●かわばたてるゆき(ex.シガレットシーワズ)
八豊祭のテーマソング“僕たちの天国”を提供して頂き、1回目から出演しているかわばた氏が今年も参加。「参加者の手拍子と一緒に演奏する“参加型楽曲”を作ってます」と、楽しめるステージを計画中。今回だけの特別編成。

●武徹太郎(馬喰町バンド)
八豊祭1年目に出演いただいた馬喰町バンドから、G&Voを担当する武さん。やさとで製作した楽器、六線(ろくせん)を持っての出演。“進化する民謡”とも言うべき武さんの音楽宇宙は、果てしなく、懐かしく、心を掴んで離さない。

●シャンソン(竹内昭子, 村上すみれ, キーボード秋山暁子)
カフェ“森羅荘”presents。落ち着いた大人の時間を。紅の豚のテーマソング“時には昔の話をしよう”から、シャンソンの代表曲“愛の賛歌”まで、素敵な歌声がレトロな木造校舎に絶妙にマッチして響き渡ります。

●バセルバジョン
実行委員1年越しの思いが叶ってバセルが八豊祭に駆けつけてくれます。ギター、マンドリン、カホン、タブラによるインストの楽曲は、始まると、その世界にずっと浸り続けていたいと思ってしまう中毒者が続出する事間違いなし。

●はなこりあ
八豊祭1年目から出演していただいている日韓合同の演舞チーム。よさこいとアリランを融合した優雅で時に激しく華やかな踊り。国ではなく一人の人として隣人と触れ合い、理解し合うことが今の時代にこそ求められていると思います。

●やさと音頭
毎年恒例のやさと音頭。これがなくちゃ八豊祭は終われない。「いかっぺ よかっぺ そうだっぺ ほんにやさとは いいとこだっぺ そうだっぺ!!」八豊祭を堪能して、最後はみんなで踊りましょう。

◎special thnx to 綱井麻沙子(PA)

(*各プロフィールは公式ではなく、実行委員の創作によるものなので、出演者の皆様におかれましては、どうぞご理解ご了承の程よろしくお願いします。)