スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


やっほうまつり制作合宿やりました!(2014年 9月6・7日)

蝉の鳴き声も、こころなし最後のひと踏ん張りというか、夏の終わりを感じさせる季節になりました。
やさとの夜には、涼しげな秋の虫の鳴き声が響いています。
今年の夏も終わっていくのですね…と感傷に浸っていたいところですが…。
ただいま、やっほうまつり実行委員会は、お尻に火をつけろー!月間です(笑)
9月6日・7日の週末は、もりもり制作合宿でした。
会場装飾の三角旗に案内看板、入場パスづくり。
たいていの備品が手づくりな、やっほうまつりは、毎年この合宿が恒例なのです。
〜2日間で作れられたものたち〜
  
1枚目は入場パス、2枚目は会場に飾るやっほうのトレードマークの三角旗、そして3枚目は…。
これで会場に来たひとたちを楽しくさせちゃいますよー◎
 
 
今年はこんなにかわいい子もお手伝いしてくれました。真っ白のシーツを水性絵具で染めていきます。
素敵な模様をたくさんつくってくれましたよ◎
毎年、かけている労力がすごいのが、入場パス。市内と市外で300個くらいずつ作って行きます。
こちらも染めたシーツを裂いて、藁ないの要領でなって、ひもにしていきます。
藁ないができないと敬遠しがちだけど、藁ないができるようになると、無心になれる作業。
(去年は敬遠していたけど、今年からできるようになったので、この作業に参戦。
無心になれるけど、やってみて分かる。量産するのはやっぱり大変!
この量を去年えっこさんは作ってくれていたのかと、実行委員の大変さが1年遅れで分かったり)
 
晴れた土曜日の午後は外で、看板とのぼり旗の作業。
竹も山から刈ってきます。
夜は、まつりの演出や各コンテンツの詳細を詰めるミーティング。
来てくれるひとに、どんなことを感じてもらいたいか、どんな雰囲気にしたいかなど会場のレイアウト、
それぞれの思いを話し、形にしていく時間です。
(今年は晴れます…きっと!)
翌日7日は『作ろう、使おう自然エネルギー』のブースを担当してくださる大和幸生さんによる、
森林エネルギーの地産地消のお話し会。
 
大和さんは、石岡市のおとなり、かすみがうら市で
金属加工をはじめとする設備会社を経営されている、ものづくりのプロ。
なんで金属加工から、森林エネルギーに事業が広がったのか、ぜひ会場で大和さんに聞いてみてください。
おまつり当日は、ペレット燃料のストーブを会場に持ってきてくれる予定です。
本番に向けた企画&作業も、来てくれる皆さんが、心地よく過ごせるようにと、
頭をひねり、体を動かし、準備中です○
どうか、今年こそ、心地よい秋晴れの日を迎えますように!

準備をしながら、実行委員一同 皆さまのお越しをお待ちして申し上げておりますー○
 

やっほうまつり 開催概要 実行委員長挨拶 入場料・参加お申込み 交通案内・ご宿泊 タイムテーブル やっほうチラシ 落語会&講演会 暮らしの技体験 やっほうカフェ やっほうステージ 豊年踊り&やさと音頭 実行委員の声 やっほう日誌 お知らせ 八豊祭実行委員会とは クラフト体験 やさトーク コドモもオトナも遊ぶーす 作ろう、使おう、自然エネルギー やっほう特産市場 からだよろこブース やっほうシアター みんなでアートオブジェを創ろう やっほうMAP
最近の記事 つながり