スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


実行委員会より、ごあいさつ(2017.9.11)

 

八豊祭は、2012年〜2016年の5回をもって終えることになりました。

 

これまでたくさんの方々にご理解・ご協力をいただき、心より御礼を申し上げます。

 

中には「良いお祭りだったので、続けてほしい」という温かいお言葉もいただき、名残惜しい気持ちも多いですが、震災から6年、祭りを始めて5年が経ち、ひとつの節目を迎えたと感じています。

 

八豊祭がテーマに掲げた「未来につなぐ生き方」とはどんなものなのか。

この5回で様々な取り組みを行ってきました。

 

・昔から続く暮らしの様子や藁や竹を使った暮らしの技を受け継ぐこと

・茅葺民家を訪れて自然と共に生きる暮らしを知ること

・土や木を使って暮らしの道具を作ること

・地元の食材を使ってご飯をいただくこと

・農家さんと直接話して繋がること

・自然の素材でおもちゃを作って遊ぶこと

・自分の体を自分でメンテナンスすること

・太陽光や木質燃料を使ってエネルギーを自給する事

・身近な実践者から話を聞いて知恵を共有すること

・アートつくってみんなで楽しむこと

・大地と共に生きていく思想を学ぶこと

・使わなくなったものをまだ使ってくれる人に譲ること

・気持ちのやりとりができるお金の枠組みを作ること

・使い捨てではなく洗ってまた使うこと

・音楽を楽しむこと

・地域に続く踊りをみんなで踊ること

・土地に住む神様に感謝の祈りを捧げること

 

この一つ一つそれぞれにたくさんの人が関わり、心血を注いで形を作ってきました。

 

そしてその全てが、「これが私たちが未来につなげたい・そして今からでも取り入れていける生き方です」と思えるものを、八豊祭の提案として発表してきました。

 

 

たなびく旗の入り口をくぐり抜けて、八豊祭という空間に足を踏み入れれば、人それぞれに何か感じ入るものがある。大人も子どもも、おじじもおばばも赤ちゃんも、日本人も外国人も、やさとの人も東京の人も、色んな人が混ざり合い、一つの場に会し、最後はみんなで踊り、そして人を超えた大きな自然の存在に感謝をする。そうした、日常ではない空間を作ることが “お祭り”の役割だったのではないかと思います。

 

 

私たちはこれまで5回のお祭りの中で、様々な取り組みを行い、そして今、それはもう十分な域に達したと感じています。

 

足を運んでくださったみなさま、多大な協力をいただいた地域のみなさまに、「やっほう祭りなんていう、なんだか案外良い祭りがあったな」と記憶に残していただければ幸いです。欲をいえば、八豊祭が掲げた「未来につなぐ生き方」が一つでも心に響いていてもらえたらと願っています。

 

改めて、八豊祭を支えてくださった多くの方々に、感謝と御礼の意を込めて、ありがとうございました。

 

― やさとの地にこれからも豊かな実りがあり続けますように ―

 

 

八豊祭実行委員会

 

- ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞ - ∞

 

 

『八豊祭を振り返って』    実行委員長: 茨木泰貴

 

 

一般的にお祭りといえば五穀豊穣を祝い、その実りをもたらしてくれた大地や太陽や水など、人間の力ではどうにもできない自然の存在に感謝を捧げるものだと思います。

 

暑い田畑に吹き抜ける風や、目には見えない微生物たちの活躍、ほんの小さな種が立派な植物に育つその中に、超自然的な何か、神様が宿っているような感覚を抱くことがあります。

 

多くの人が農業をしなくなった現代においても全国のあちこちでたくさんのお祭りが続けられているのは、そのような感覚を忘れてはいけないという潜在的な意識があるのかもしれません。

 

神輿を担いだり、舞を踊ったり、動物に扮したり、火を焚きあげたり、様々な方法で自然とのチャンネルを合わせ、自然に感謝し、お祝いを捧げ、そして自分自身も自然と同化していく。

 

そうして人は、祭りを通して新たに生まれ変わるのだと思います。或いは、心のエネルギーを充電する、精神の癒しを得る、という言い方もできるかもしれません。

 

日常生活の中では補えない、こうしたエネルギー・癒しを得ることが祭りの目的の一つだと思います。

 

 だから、お祭りに参加した人は皆、どれだけ体が疲れても、心は満たされて、充実した気持ちになるのではないでしょうか。

 

 

震災が起きて、私たちの命の源である大地が汚され、私たちは居ても立っても居られず、学校の真ん中で祭りを開くことに至りました。

 

自分たちの命を支えてきてくれたこの土地・自然に、そして自分たち自身にも祭りが持つエネルギー・癒しの力が必要なんだ、と。

 

そうしてこれまでの5年間に、たくさんの方々に協力していただき、開催してこれたことは本当に感謝しかありません。地元・地域の方々をはじめ、やさとが好きで実行委員やサポーターとして関わってくださった方々、出展者や出演者として関わってくださった方々、そして参加者として当日足を運んでくださった方々。祭りの場に人は多い方がいい。時には600人もの方が集まってくださいました。

 

夕暮れの沈む校庭で、たくさんの方と輪を作って踊った豊年踊りとやさと音頭は祭りのハイライトでした。踊りを踊りながら私はいつも、何ともいえない幸福感の中に浸っていました。鳴り響く太鼓の音、そしてやさとの良いところを次々に歌い上げていくやさと音頭、それを同時にみんなと共有している喜び。

 

 

 

何億年という自然の歴史の中で人ができることはあまりにちっぽけかもしれませんが、人が自然の一部であり、その恵みによって生かされていることに感謝を捧げることで、自分自身の体も大地に注いだ汚れも浄化されていくようでした。

 

「祭り」といいつつ、場所は神社でもないし、一見するとどこにでもありそうなマーケットイベントや手作りフェスのようにも思えるのに「祭り」。どうして八豊「祭」なんだろう?と思った人がいたかもしれません。けれど、私たちは当初から、自分たちがやっていることが「祭り」であるということに無意識にもこだわっていたのだと思います。

 

最後の2回、15年と16年には、小学校のすぐふもとの山に祀られている龍神岩から龍神様においでいただきました。龍神様の力はまさに人智を越えるもので、人が大地を汚したにもかかわらず、それをも上回る力で私たちを勇気づけてくださいました。

 

けれど、この先いつまでも龍神様に山からおいでいただく訳にもいかないと思うようになりました。そして自分たちもまた元の暮らしに戻っていく必要があるとも感じるようになりました。

 

「時間が経って何となく気にならなくなった」のではなく、私たちは、人と繋がり、自然と繋がり、土地の神様と繋がり、そうしたたくさんのエネルギーを祭りの場に集め、祈りや祝いや感謝の機会を通して乗り越えてきたのだと思っています。

 

 

八豊祭が終わっても私たちは、八豊祭で取り組んできたテーマについて、これからも個々に、或いは誰かと協力しながら実践していくと思います。やさとには心強い人たちがたくさんいます。やさとにはやさとを好きな人たちがたくさんいます。祭りを通してそんな人たちとたくさん出会ってきました。

 

最後の八豊祭で講演してくださった内山節さんは、人々が繋がることの大事さを述べられました。バラバラの個人として生きるのではなく、共同体の中に人間関係があり、自分の役割があり、その中でこそ自分の物語が生まれるのだと。

 

 

これからしばらくは、自分たちの暮らしに戻り、人とつながり、足元をふただび固めていきたいと思います。

 

八豊祭を通して、たくさんの人や自然や神様との出会いがありました。

 

やってよかった八豊祭。

 

みんなと繋がる合言葉、やっほー!

 

まだまだ言葉にできないことも多いですが、一先ずこの辺で。

 

またいつか皆さんとお会いできる日も楽しみにして。

 

 

 

 

 

 

八豊祭(やっほうまつり)2016 開催概要

今年で5年目を迎える八豊祭。
震災復興から始まったこのお祭りは、「やさとの魅力を知ってもらいたい」という“体験型のフェス”としてこれまで回を重ねてきました。中でも大事にしてきたのは、おじじおばばのトーク企画や藁ない体験。昔から地域の中で根付いている文化や暮らしのあり方を見つめ直すことで、これからの未来を作っていく上での拠り所となるものが得られるのではないかと考えてきました。
 今年の八豊祭はここにさらに焦点を当て、「山里から未来を創造する」というテーマのもと、キリッとマジメに、かついつもの楽しい雰囲気は残しながら、これからの自分たちが暮らす地域に必要な視点を得られる機会を作りたいと思います。
 在野の哲学者であり、群馬県の山里・上野村に40年以上通い、日本に長く続いてきた自然と共に暮らす価値観を研究しておられる内山節さんの講演と、人と自然の交流が今よりももっと当たり前だった江戸時代の暮らしの様子を伝える好文亭梅朝さんの落語を柱に、カフェや体験、音楽も交えてお送りします。 笑って泣いて考えて、これからの希望ある未来を一緒に創造していきましょう!

 

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞
未来へつなぐ生き方を感じるローカルフェス
第5回 八豊祭(やっほうまつり)-やさとLOVEフェス-
∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・


<開催概要>


■日程

2016年10月16日(日)11時〜16時半
会場:朝日里山学校体育館(茨城県石岡市柴内630)

 

■入場料
一般:500円(当日:800円)※高校生以下無料

 

■参加お申込フォーム

http://bit.ly/8hou2016

 

■テーマ

「山里から未来を創造する」

 

 

■プログラム ------------------------------

 

11時〜13時 やっほうCafé/暮らしの技・おじじおばばと藁綯い

 

12時〜13時 馬喰町バンド・ライブ

 

13時〜14時15分 好文亭梅朝氏 落語会
〜昔の日本人は何を大切に暮らしていたか〜  

演目:「王子のキツネ」ほか

 

14時半〜16時 内山節氏 講演会
〜山里から展望する、成長だけじゃない共創の時代〜

 

16時〜16時半 龍神と豊年踊り・八郷音頭

 

※ご入場後、すべてのコンテンツは自由参加・予約不要です。

------------------------------

 

■出演者プロフィール

 

●内山 節(うちやま たかし)
哲学者。1950年生まれ。1970年代にから東京と群馬県の山村・上野村を往復して暮らしながら、存在論、労働存在論、自然哲学、時間存在論を軸に研究を進める。立教大学大学院教授(2004-2009)。NPO法人・森作りフォーラム代表理事。
『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』(講談社現代新書)、『共同体の基礎理論―自然と人間の基層から』(農山漁村文化協会)、『半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代』(角川新書)など著書多数。
http://www.uthp.net/

 

●好文亭 梅朝(こうぶんてい ばいちょう)
1960年生まれ。牛久市在住 。小学校教員。高校時代に落語クラブ創立。大学では落語研究会所属。2010年からプロの三遊亭圓窓師匠に師事。
味わい亭落語会(牛久市)、梅朝基礎落語(美浦村)、城藤寄席(土浦市)をそれぞれ年4回開催するなど精力的に活動。小学校でも落語クラブを作り、生徒たちに落語の魅力を広めている。「古典落語中心に落語の世界が多くの人の暮らしを楽しくできれば」と語る。

 

●馬喰町バンド(ばくろちょうばんど)
昭和生まれ、新興住宅地育ちの三人組。懐かしいようでいて何処にも無かった音楽を、バンド形式で唄って演奏する。日本各地の古い唄のフィールドワークや独自の“うたあそび”を元に奇跡的なバランス感覚で生みだされる彼らの音楽は、わらべうた・民謡・踊り念仏・アフロビート・世界各地のフォークロアが、まるで大昔からそうであったかのように自然に共存する。
http://bakurochoband.com/

 

 

■お問合せ
八豊祭実行委員会
メール:8hou.matsuri@gmail.com

※詳細は今後、このブログやFBページにて更新していきます!

facebook Facebookページはこちら。
https://www.facebook.com/8houmatsuri

八豊祭2016 ごあいさつ

やっほーファンの皆さま。お久しぶりの投稿になります。
2016年の八豊祭の開催が決まりましたので、お知らせします!


 今年の八豊祭は例年の総合的な形ではなく、テーマに特化した開催を考えています。

昨年(2015年)の八豊祭では、恒例の最後にみんなで輪になって音頭を踊る場で龍神様が登場しました。これは祭初年度からの課題で、私たちの中にある自然に対する畏敬や感謝の念、八郷の地域やその土地への感謝の気持ちをどうやって表現したら誰にとっても受け入れてもらえるか、ということを考えていました。ちょうど常総市の水害などのこともあり、川は龍にも例えられ、川(カワ)という音は神(カミ)が語源だということも知りました。龍神様に「再生への物語」をこめたかったことと、朝日里山から見える青田山には龍神様が祭られていて、八郷をぐるりと囲む筑波山系は龍神様にも例えられ、八郷を守っているというお話もあります。


 地元の若い女性から「最後の龍神様がとてもよかった。地元とか外から来たとか関係なく【自然に感謝する】ということは誰にとっても大切な想いであり、もちろん地元でもずっと大切にされてきたこと。立場を越えてそんな想いを共有できるというのは素晴らしいことだ。」というような感想を聴き、大変嬉しく思いました。八豊祭に龍神様が登場し、みんなの気持ちが一つになったという実感を得て、これこそ私たちが希望する「未来の暮らし」へつながる重要な要素なのではないかと感じました。


 八豊祭は「未来につなぐ生き方を感じるローカルフェス」と銘打っています。その方法として、暮らしの道具を手作りしたり、農家さんと顔の見える関係を作ったり、「自分の手で暮らしを作る」ことを中心に体験できるコンテンツを作ってきました。また一方で、昔の暮らしの様子を伝えることも大事にしてきました。おじじおばばのトーク企画を開催したり、藁ないや竹細工などの体験でも、ただ習うだけでなく、おじじおばばとのお喋りを通して、自然から得た素材を実際の暮らしに役立てていた時代の価値観に触れ、その中から未来につなぐヒントを得られると良いと思ったからでした。


 「自分の手で暮らしを作る」という考えの中には、「楽しいからやりたい」ということに加えて、「大量消費社会に反対」、「経済優先のあり方に反対」というものもあると思います。しかし、手作りの暮らしの根拠を“反対”に求めるのは、どこか味気ないものがあるかもしれません。昔から地域の中に根付いている文化や暮らしのあり方や価値を改めて見つめなおすことで、私たちがこれからの未来を作っていく上での拠り所となるものが得られるのではないかと考えています。


 そこで今年は「日本の里山から未来を創造する」というテーマのもと、在野の哲学者であり、群馬県上野村と東京を行き来しながらローカルな思想を研究しておられる内山節(うちやまたかし)さんの講演と、好文亭梅朝(こうぶんていばいちょう)さんの江戸時代のお話・落語で、資本経済至上主義が広がる以前に何を大事に日本人が暮らしてきたか、これからの社会に必要な視点などを、ぜひみなさんと共有し、原点に立ち返り、希望の持てる未来を創っていくための基盤にしていきたいと思っています。希望の持てる未来を描くときに、もっとも大切な要素と思われる「龍神様」とは、「自然と人との関係性の捉えなおし」、「奪われた神話を自分たちの手に取り戻す」ということだと思います。


 当日は、老若男女、地元、外から来た人、農家、サラリーマンなど立場年齢関係なく、泣いて笑って、最後には龍神様とともに輪になって音頭を踊り、これからの未来を祝福できる場になることを希望しています。


実行委員を代表して 佐藤有里・茨木泰貴

八豊祭2016 お申込について

<八豊祭2016・参加お申込み方法>

 

■入場料
一般:500円(当日:800円)※高校生以下無料

 

八豊祭へご参加の方は、下記URLよりお申し込みをお願いします。
http://bit.ly/8hou2016

 

■お申し込み締切  2016年10月15日(土)

 

・事前申し込みは必須ではありませんが、参加費がお得になります。  

 お支払いは当日受付にてお願いします。

・フォームのご利用が難しい方は、下記お問合せ先にご連絡ください。

 

◆お問合せ
八豊祭実行委員会
メール:8hou.matsuri@gmail.com


みなさんのお申し込みお待ちしています!!